東短ICAP株式会社

Totan ICAP Co., Ltd.

金融デリバティブ商品のリーディングインターディーラーブローカー

当社は、デリバティブ業務の一層の経営効率化、競争力強化を図るため、旧トウキョウ フォレックスの金利スワップ・金利オプション取引の媒介部門にICAP Groupが資本参加して設立されました。

当社は旧トウキョウ フォレックス以来培ってきたノウハウを基に、市場参加者から厚い信頼を得て、市場の発展に貢献しています。

会社概要

設立
2000年9月
商号
東短ICAP株式会社
第一種金融商品取引業者
関東財務局長(金商)第2847号
英文名
Totan ICAP Co., Ltd.
本店所在地
〒103-0022
東京都中央区日本橋室町4丁目4番10号東短室町ビル7階
TEL 03-5200-0451(代)
FAX 03-5200-2436
代表取締役社長
松本 英昭
資本金
3億2,210万円
役職員数
82名(2015年3月31日現在)
業務内容
金利スワップ取引、金利オプション取引、金利先渡取引、クレジットデリバティブ取引等のデリバティブ取引に関する媒介
URL
http://www.totanicap.com/

主要業務

金利スワップ

同一通貨の固定金利と変動金利(TIBOR-東京銀行間取引レートまたはLIBOR-ロンドン銀行間取引レート)を交換し、将来の一定期間における約定金利と決済日金利の差額を受け払いすることにより金利変動リスクを軽減する取引です。

そのほか、対象となる商品により様々なバリエーションの取引、例えば変動金利として国内無担コールオーバーナイトレートを使用するスワップ(円オーバーナイトインデックススワップ)や米ドルの変動金利と円の変動金利のスワップ(米ドル-円ベーシススワップ)などの取引もあります。

金利オプション

金利変動リスクを軽減するために、ある特定された条件で行使できる権利(オプション)を売買する取引です。権利を有する者は一定量のプレミアム(保険料)を支払うことにより金利の上昇や下落リスクを軽減・回避することができます。

クレジット デリバティブ

信用リスクを内包する企業の社債・株式・貸出債権等を対象に、取引の相手方に一定量のプレミアム(保険料)を支払うことによりリスクを移転させる取引で、代表的な取引としてはクレジット デフォルト スワップがあります。最近我が国では、不良債権問題の顕現化から、リスクの回避・軽減手段としてこの商品に高い関心が集まっています。

« トップへ戻る
TOPへ戻る