沿革

History

1900年8月

「柳田ビル・ブローカー」設立登記

1909年4月

「柳田ビル・ブローカー」創業

1919年10月

株式会社栄城銀行を買収、商号を「柳田ビル・ブローカー銀行」と改称、一般銀行業務のほかコールおよびビル・ブローカー業務を営む

1930年7月

銀行法改正により銀行業務を廃止し商号を「柳田ビル・ブローカー株式会社」と改称

1942年7月

商号を「柳田短資株式会社」と改称

1949年1月

早川短資株式会社を吸収合併、大和証券株式会社資金部(旧 藤本ビル・ブローカー株式会社)の短資業務を譲受、「東京短資株式会社」と改称

1952年7月

外国為替仲介業務開始

1971年5月

手形売買取引開始

1971年10月

資本金を3億円に増資

1978年12月

「トウキョウ フォレックス株式会社」を設立し、「東京短資」の外国為替仲介業務を移譲

1980年5月

CD流通取扱開始

1981年5月

政府短期証券売買取扱開始

1985年10月

インターバンク預金の媒介業務開始

1987年11月

国内CP流通取扱開始

1990年7月

TB流通取扱開始

1996年4月

債券貸借取引開始

1997年2月

「東短リサーチ株式会社」設立

1997年6月

「トウキョウフォレックス証券株式会社」設立

1999年10月

「トウキョウフォレックス上田ハーロー株式会社」設立

2000年2月

「東短エイジェンシー株式会社」および「東短インフォメーションテクノロジー株式会社」設立

2000年3月

「トウキョウ フォレックス株式会社」の名称を「東短デリバティブズ株式会社」と変更

2000年9月

「ティーアイユーデリバティブズ株式会社」設立

2000年10月

「トウキョウフォレックス証券株式会社」が、ガーバンインターナショナル証券東京支店と合併し、「ガーバン東短証券株式会社(現 ICAP東短証券株式会社)」設立

2001年11月

株券貸借取引開始

2003年7月

短期社債(電子CP)取引開始

2003年8月

東京短資株式会社の持株会社 東短ホールディングス株式会社を設立

2003年12月

東京短資株式会社の子会社株式等資産の一部を会社分割により東短ホールディングス株式会社に承継

2003年12月

「ティーアイユーデリバティブズ株式会社」の名称を「東短キャピタルマーケッツ株式会社」に変更

2004年4月

資本金を30億円に増資

2004年4月

東短デリバティブズ株式会社の子会社株式等資産の一部を会社分割により東短ホールディングス株式会社に承継

東短デリバティブズ株式会社が東短エイジェンシー株式会社を吸収合併し、名称を東短エイジェンシー株式会社に変更

2007年10月

資本金を100億円に増資

2007年10月

東短ホールディングス株式会社が「ジェイボンド証券株式会社」に出資しグループ会社化

2008年1月

中国室及び上海駐在員事務所開設

2008年4月

「ジェイボンド証券株式会社」の名称を「ジェイボンド東短証券株式会社」に変更

2009年4月

創業100周年

2009年9月

新本社ビル竣工

2012年1月

ICAP東短証券株式会社は日本国債部門をセントラル短資証券株式会社に譲渡。同社に東短ホールディングス株式会社とガーバン・インターナショナルが出資し、社名を「セントラル東短証券株式会社」に変更

2012年1月

「東短キャピタルマーケッツ株式会社」の名称を「東短ICAP株式会社」に変更

2014年3月

東短ビジネス情報コンサルティング(上海)有限公司設立

2016年4月

東短ホールディングス株式会社、東短インフォメーションテクノロジー株式会社を吸収合併

資本金103億円

TOPへ戻る