マーケットリサーチ

Market research

市場調査・分析(東京短資、東短リサーチ)

東短グループの調査・研究部門を担う独立したシンクタンクである「東短リサーチ」では、エコノミスト、研究員が様々な金融情勢を分析し、情報発信をしています。なかでも、各国の金融政策・金融市場に関する的確な分析は、国内外の市場関係者、金融当局から高い評価を得ております。

定期刊行物として、「加藤出ウィークリーレポート」(日本語版、英語版)、「東短リサーチ・マンスリー」、「資金需給予想」等を発信しています。また、2019年には「東京マネー・マーケット第8版」(有斐閣)を発行しました。同書は市場の第一線に携わる東短グループ社員(研究員)によって執筆され、第1版以来、短期金融市場の代表的な解説書として金融界を中心に高い評価をいただいております。

システム・情報サービス

情報サービス

東短グループの主要金融市況情報及びマーケットレポートの提供・販売をしています。これらの情報は、金融情報ベンダーを通じグローバルレベルでサービス展開されています。金融マーケット情勢を正確に反映し、中立性を保った情報は、信頼がおける情報ソースとして多くのお客様から好評いただいており、安心して継続利用頂けるよう、配信されるデータの精査・品質管理に日々尽力しています。

また、英国をベースとするMDSL社の日本支社として、マーケットデータ管理(MDM)及び通信費管理(TEM)両ソリューションの販売、日本語によるサポートをグローバル規模で展開しています。

システム・ITソリューション

マネーマーケットのインフラストラクチャーの一環を担う東京短資および東短グループ各社を中心に、多岐に渡るニーズにマッチする専門性の高いシステムおよび通信インフラの総合的な構築・運用保守・管理業務を行っております。長年培った金融市場に関連する豊富な知識とIT技術を組み合わせることにより、変化の激しい金融環境に柔軟に対応し、良質なシステムの開発・保守の実現に努めています。業務継続を確実に行うため、災害・事故に備え、定期的にバックアップサイトを利用した訓練も計画・実施しています。

« トップへ戻る
TOPへ戻る