オープン市場

Open market

債券レポ取引

債券レポ市場(現金担保付債券貸借市場)は、1996年4月にスタートした比較的新しい市場で、現在では取引量は100兆円台まで拡大しています。
当社では、PTS(私設取引システム)運営を行うグループ会社「ジェイ・ボンド東短証券」との連携により、2009年には債券レポ・現先の電子取引業務の取り扱いを開始しました。これにより、従来のボイスブローキングだけでなく電子取引も加わった“ハイブリッド型”の仲介スタイルを確立、グループとして市場流動性の向上に貢献すると同時に、お客様の多様なニーズに柔軟にお応えできる体制が整いました。

国庫短期証券の売買取引

国庫短期証券(T-Bill)とは、償還期限1年以内の短期の国債です。T-Billは、その信用性、流動性、均質性の面で優れた短期金融商品として国内外の投資家から人気を集めております。
東京短資は証券会社や投資家の間における一般売買および現先取引を行っているほか、入札参加者としてトレーディング業務にも力を注いでおります。また、日本銀行が行う「国債現先オペ」、「国庫短期証券売買オペ」の対象先に選定されており、日々の金融調整の一翼を担っています。

CP(コマーシャルペーパー)・CD(譲渡性預金証書)取引

CP市場は、1987年11月の創設以来拡大を続け、事業会社および金融機関等の短期資金調達の重要なツールのひとつとなっています。2003年3月には短期社債(いわゆる電子CP)の取引が開始され、現在では市場で発行されるほとんどのCPが短期社債となっています。
CDは、譲渡性預金証書(Negotiable Certificate of Deposit)の略称であり、金利自由化商品の先駈けとして1979年5月に発行が開始されました。CD市場は、創設以来年々拡大し金融機関の重要な短期資金調達手段となっています。
東京短資は、日本銀行の「CP等買現先オペ」「CP等買入オペ」の対象先として、金融市場調節にも貢献しています。

株券レポ

株券レポ市場(現金担保付株券貸借市場)は、現金を担保として株券や上場投信、転換社債等を貸借する市場です。貸借取引を通じ売買市場に流動性を提供するほか、短期資金の機動的な調達・運用手段としても利用されており、市場規模は7兆円程度となっています。当社は株券レポ取引の利便性・安全性に着目し、今後とも市場参加者のニーズに応え市場の拡大・発展に貢献していきたいと考えています。

« トップへ戻る
TOPへ戻る