加藤 出レポート

Kato's Report

本レポートは、当社のチーフエコノミスト加藤出が、日銀ウォッチング、Fedウォッチング、金融市場分析などをテーマに、金融市場のプロフェッショナルに向けて解説したものです。

「ウィークリー」は、日経QUICK及びブルームバーグの専用端末にてご覧になれます(ブルームバーグ端末では「TOKR」で最近のバックナンバーと英語版がダウンロードできます)。

なお、東京短資㈱及び東短グループのお取引先様で本レポートにご興味をお持ちの方は、弊社グループの御社営業担当までご相談下さい。

過去の加藤レポートについては☞こちらをご覧ください。

2020年9月11日号

最近の各種データ:為替スワップ、紙幣、人出等々

  1. 中銀関連:FRB為替スワップ、FRB緊急資金供給、中銀当座預金比較、紙幣流通高
  2. 人出の状況を表すApple社「移動傾向レポート」(基準日2020年1月13日=100)
  3. (余談)日本の外食チェーン売上と米国“オープンテーブル”予約状況

2020年9月4日号

YCCの出口は凄絶な戦い:FRBの経験 (3)

  1. FRB封じ込め役にかつて「ウォール街の驚異の若者」と評されたマーチンが抜擢
  2. 遂に「アコード」成立、しかし“戦闘に勝って、戦争に負けたFRB“
  3. マーチンは大統領の期待とは逆にFRBの独立性強化に邁進
  4. 現在のFOMCは日銀のような長期金利ペッグを全否定
  5. (余談)アコードの“立役者”の名がついているFRB本館と別館

2020年8月7日号

YCCの出口は凄絶な戦い(2) & レバノンの経済苦境

  1. 朝鮮戦争が出口政策にもたらす影響をFRBは警戒
  2. トルーマン派議員はFRBを攻撃するが、金融政策の独立性を支持する政治勢力も
  3. 政権とFRBの対立は“溶鉱炉の温度へ沸騰”
  4. (余談)レバノンの経済苦境はMMTの破綻事例

2020年7月31日号

YCCの出口は凄絶な闘い:FRBの経験(1)

  1. YCC下で歯止めなき膨張を見せる日本の財政赤字
  2. 真珠湾攻撃が契機だったYCC、トルーマン大統領は戦後も継続を命じる
  3. (余談)全国物産館ご当地グルメ巡り:その1

2020年6月26日号

カジノ資本主義下のコロナ・バブル(2)

  1. カリスマ個人投資家が彗星のごとく現れるという、いつか見た光景
  2. “ステロイドで増強されたグリーンスパン・プット”は米感染拡大でも大丈夫?
  3. (余談)海外B級グルメ:米チェサピーク湾の超人気「カニ料理小屋」(2)

2020年6月22日号

カジノ資本主義下のコロナ・バブル(1)

  1. ビッグデータで見ても米経済が5月から回復しているのは事実だが・・・
  2. 不気味な米国南部・西部の感染急増:新型コロナの先行きには大きな不確実性
  3. コロナとの長期戦を見込むFRB:U型、W型回復のストレステストも銀行に要請
  4. (余談)海外B級グルメ:米チェサピーク湾の超人気「カニ料理小屋」(1)

2020年5月29日号

政府債務懸念&利回り低下が続く日銀決算

  1. 政府債務増大によってますます遠のく日銀出口政策
  2. 日銀決算:ROA低下トレンドをETF分配金で和らげる不安定な収益構造
  3. (余談)築地散歩その2:疫病の神も退散する「波除神社」の為朝神符

2020年5月20日号

「最後の貸し手」としての中銀金融調節(2)

  1. FRB為替スワップを最も大規模に利用している日銀
  2. 他国の金融機関のドル調達をFRBはなぜ助けるのか?パウエルの最近の説明
  3. (余談)築地散歩:「ふぐ入り天丼弁当」と疫病退散神社(その1)

2020年5月8日号

「最後の貸し手」としての中銀金融調節(1)

  1. FRBの国債買入れはピーク比9分の1以下へと大幅削減
  2. 金融システムへの資金供給は縮小、「米経済全体への最後の貸し手」機能は拡大中
  3. NY短期市場のターム物金利低下とマネーストックM2急拡大
  4. (余談)中野のコレクター文化とまた行きたい海鮮居酒屋(後編)

2020年4月30日号

「ナイキ型回復」の行方と金融政策

  1. 日銀経済見通しの前提にもなっているIMF基本シナリオは「ナイキ型回復」だが・・・
  2. 期待したいものの、容易ではなさそうなワクチンの開発と大規模製造
  3. 米CBO予測は21年末の米失業率10%、黒田総裁退任時の日銀の状況は?
  4. (余談)中野のコレクター文化とまた行きたい海鮮居酒屋(前編)

2020年4月10日号

「モメンタム維持」から「危機対応」へ

  1. 日銀は「物価安定の目標に向けたモメンタム維持」から「危機対応」へ
  2. 経済危機下でインフレ率上昇を目指すメッセージは不適切だろう
  3. 「ウイルスとの闘い」の中でのマイナス金利深掘りは自制されると予想
  4. ドル・ユーロ・円紙幣伸び率のその後
  5. (余談)また行ける日を待ち望むB級グルメ:福井「ヨーロッパ軒」元祖ソースカツ丼

2020年4月3日号

“戦時財政”の行方&スペイン風邪の教訓

  1. 事実上の「戦時財政」に入っていく主要国:概念上の「戦勝国」になるには?
  2. 論文「パンデミックは経済を落ち込ませた、公衆衛生介入はそうではない」
  3. (余談)新型コロナウイルス騒動下の紙幣流通高

2020年3月26日号

ロックダウン下のNY市民生活と短期市場

  1. >ロックダウン下のニューヨーク市民生活ロックダウン下のニューヨーク市民生活
  2. ドル短期市場:ターム物取引の流動性回復にはまだ距離がある
  3. やはり重要なのは感染ピークアウトの実現
  4. (余談)B級グルメ探訪:大阪船場の日本初の「きつねうどん」

2020年2月27日号

ルービニ教授の悲観論&日銀ウォッチ

  1. ”Dr. Doom”ヌリエル・ルービニNY大学教授の悲観論  
  2. FRBが利下げしても日銀は当面様子見だろう、しかし「モメンタム」の説明は? 
  3. (余談)中国の罹患者増加ペース低下は明るい兆しだが、西側民主国家はできるか?

2020年1月27日号

新型肺炎の影響と今週のFOMCプレビュー

  1. 新型肺炎と日銀金融政策:2003年SARSと現在の比較
  2. FOMCプレビュー: IOERの5bp引上げなど技術的変更、QEか?非QEか?論争
  3. (余談)福岡の糸島半島「桜井神社」と“マイケル・ジャクトン”
TOPへ戻る