加藤 出レポート

Kato's Report

本レポートは、金融市場のプロフェッショナル向けに、日銀ウォッチング、Fedウォッチング、金融市場分析などを中心に解説したものです。

「ウィークリー」は、日経QUICK及びブルームバーグの専用端末にてご覧になれます(ブルームバーグ端末では「TOKR」で最近のバックナンバーと英語版がダウンロードできます)。

なお、東京短資㈱及び東短グループのお取引先様で本レポートにご興味をお持ちの方は、弊社グループの御社営業担当までご相談下さい。

加藤 出(かとう いずる)
東短リサーチ(株)代表取締役社長チーフエコノミスト。1988年4月東京短資(株)入社。金融先物、CD、CP、コールなど短期市場のブローカーとエコノミストを兼務後、2013年2月より現職。
マネーマーケットの現場の視点から日銀、FRB、ECB、BOE、中国人民銀行などの金融政策を分析している。
2007~2008年度東京理科大学経営学部非常勤講師。
2009年度中央大学商学部兼任講師。

著書に「日銀は死んだのか?」(日本経済新聞社、2001年)、「東京マネーマーケット」(有斐閣、共著、2002年、2009年)、「バーナンキのFRB」(ダイヤモンド社、共著、2006年)、「日銀『出口』なし!」(朝日新書、2014年)、「図解とQ&Aですっきりわかるマイナス金利」(監修、宝島社、2016年)など。主な連載コラムに週刊ダイヤモンド「金融市場異論百出」、日本経済新聞電子版「マネー研究所カリスマの直言」、日経ヴェリタス「異見達見」、毎日新聞「経済観測」など。

テレビ東京「モーニング・サテライト」、BS・TBS「Bizストリート」、BSジャパン「日経プラス10」、NHK総合「視点論点」などにコメンテーターとして出演。

2019年2月12日号

問題山積の「マイナス金利貸出&深掘り」(1)

    1. 銀行にとって“悪夢”となり得る「マイナス金利貸出」
    2. ECBがマイナス金利のTLTRO2を決定したときと今の日本の状況は真逆
    3. マイナス金利での資金貸出利用ゼロが続くスウェーデン中銀
    4. (余談)ダイナミックプライシング勝手導入の中国高速鉄道弁当

2019年1月30日号

QT懸念とは全く別のFRB・BS縮小停止待望論

    1. リーマン危機前には戻れないFRB資産規模:準備預金以外の「債務」が急増
    2. LCR規制のHQLAなどによる準備預金需要の高まり
    3. 準備預金1兆ドルを割らせないなら資産縮小停止は2020年春までに?
    4. “QT戦犯論”は「マネタリー・シャーマン」バーナンキの負の遺産
    5. (余談)学食探訪:箱根駅伝優勝でも控えめな東海大学高輪キャンパス

2019年1月4日号

貿易戦争の行方(2)「超大国の不安定な平和の時代」

    1. 1980~90年代における米日通商摩擦との強い類似性
    2. 米国が日本の“経済侵略”を当時我慢しなくなった背景
    3. “中国叩き”の動機・目的が凝縮されているペンス米副大統領講演
    4. 清華大学教授:最悪の事態にはならないが「二つの超大国の不安定な平和の時代」
    5. (余談)上海年末風景:アップルよりファーウェイが人気、「お見合い広場」の熱気
TOPへ戻る