レポートアーカイブ

Report Archives

2006年アーカイブ

ウィークリーレポート 2006年12月29日号

「年末日銀券と07年国債買入オペ見通し」

  1. 12月中に一時マイナスになった日銀券伸び率
  2. 国債買入オペ減額はまだ先の議論か
  3. 本来は定額購入でなく、NY連銀のような柔軟さが望まし

ウィークリーレポート 2006年12月19日号

「金利正常化戦略:日銀vsスイス国立銀行」

  1. 1月決定会合での利上げの可能性は大幅後退?
  2. ゼロ金利からの正常化を進めるスイス国立銀行
  3. 業態別日銀当座預金残高の推移
  4. 短期金融市場の見通し

ウィークリーレポート 2006年12月12日号

「12月利上げが見送りの場合の展開は?」

  1. 12月利上げが見送りの場合の展開は?
  2. ヘッドライン・リスクと西村審議委員講演
  3. 急拡大を続ける東京OIS市場
  4. 映画「武士の一分」と「華麗なる道端屋郎祭り」
  5. 短期金融市場の見通し

ウィークリーレポート 2006年12月5日号

「日銀需給ギャップ論&米国50州コインを日本でも」

  1. 2005年度成長率下方修正で日銀の需給ギャップ論はどうなる?
  2. 景気のダウンサイド・リスク重視転換までは未だ距離があるFRB
  3. 日銀金融政策見通し
  4. 興味深いモスコー・シカゴ総裁の「ビッグ3」発言
  5. 米国50州コインに倣って47都道府県コインの発行はどうか?
  6. 短期金融市場の見通し

ウィークリーレポート 2006年11月29日号

「"バブルマン"がもたらした損失は7.8兆ドル?」

  1. "バブルマン"グリーンスパンがもたらした損失は7.8兆ドル?
  2. 日銀政策委員講演ラッシュとバーナンキFRB議長講演
  3. 2007年3月までの資金需給暫定予想
  4. 短期金融市場の見通し

ウィークリーレポート 2006年11月21日号

「これが本当の日銀ウォッチング?」

  1. これが本当の日銀ウォッチング?日銀を上空から見下ろすと・・・
  2. 日銀金融政策見通し
  3. 日銀保有国債と日銀券のスプレッドは当面広がる傾向
  4. 短期金融市場の見通し

ウィークリーレポート 2006年11月14日号

「GDP後の金融政策&偽造ドル紙幣ランキング」

  1. 7-9月期GDPを受けての日銀金融政策見通し
  2. 米国では準備預金への付利が2011年10月から可能:日本はどうなる?
  3. 偽造ドル紙幣は1万ドルあたり25セント~2.5ドル:米当局2005年度報告書
  4. 短期金融市場の見通し

ウィークリーレポート 2006年11月7日号

「現地取材米住宅市場&福井総裁・水野委員講演」

  1. バージョンアップしていたNYのドブネズミ・バルーン
  2. 現地取材米国住宅市場:人気住宅地には根強い需要
  3. FRBの潜在成長率見通し引き下げ議論
  4. 福井総裁講演と水野審議委員講演
  5. 短期金融市場の見通し

ウィークリーレポート 2006年10月17日号

「ノーベル平和賞受賞のグラミン銀行&FOMCのインフレ目標」

  1. 日銀政策委員会の景況感は9月決定会合時よりもやや前進
  2. ゼロ金利解除2ヶ月前の記者会見も同程度の控えめなメッセージ
  3. 無理に市場の予想を操作する必要性を感じていない可能性
  4. 日銀「物価安定の理解」とFOMCのインフレ目標議論
  5. ノーベル平和賞受賞のグラミン銀行と「ハイブリッド経営者」ユヌス氏
  6. 短期金融市場の見通し

ウィークリーレポート 2006年10月11日号

「米クリスマス商戦&サイバー・マンデー」

  1. フェデラルファンド金利は引き締め的か?:FRB幹部の発言整理
    ・景気拡張期半ばの実質フェデラルファンド金利平均は3.75%程度
  2. 米クリスマス商戦に関する武藤副総裁発言
    ・「ブラック・フライデー」の3日後に「サイバー・マンデー」?
  3. 景気拡大シナリオに自信を深めている日銀
  4. 短期金融市場の見通し

ウィークリーレポート 2006年10月3日号

「米経済減速の警戒感は見えない短観&東京三大煮込み」

  1. 米経済減速への警戒感は見えない9月短観
  2. 0.25%はゼロ金利の範囲内?グローバル・リクイディティの問題
  3. 書籍案内:「居酒屋道楽」「強毒性新型インフルエンザの脅威」など
  4. 短期金融市場の見通し

ウィークリーレポート 2006年9月27日号

「安倍新政権と日銀の関係&サプライズとなった米法人税納付額」

  1. 安倍新政権と日銀の関係は?
  2. 日銀は米クリスマス・セールを見極めようとするだろう
  3. サプライズとなった9月15日の米国法人税納付額:今年度の財政赤字縮小へ
  4. 大阪の「タンス預金」は未だ動いていない?
  5. 短期金融市場見通し:現時点で意外に低い9月29日の日銀当座預金残高

ウィークリーレポート 2006年9月20日号

「日銀金融調節動向と当世学生レポート事情」

  1. 日銀当座預金残高の内訳と金融調節
    ・超過準備などの存在の割に安定しているオーバーナイト金利
    ・東短デイリー「残り所要平残に対する乖離幅」テーブルの使い方 など
  2. 「ゼロ金利解除予想」に見る当世大学生レポート作成事情
    ・テイラー・ルールなど驚くほど高度な論理構成が続々・・・
    ・「そごう問題の見極めがつけば解除したい」?? など
  3. 短期金融市場見通し

ウィークリーレポート 2006年9月12日号

「9月末・10月初の経済指標が分水嶺、爆発的に拡大したOIS市場」

  1. 9月末・10月初の経済指標が分水嶺となる日銀の景況感
  2. 爆発的に拡大した東京OIS市場
  3. ゼロ金利解除後に減少したターム物取引
  4. 生活必需品のデフレと日本版“ニュー・ラグジュアリー現象”?
  5. 短期金融市場見通し

臨時レポート 2006年9月7日号

「米フェデラルファンド市場カレンダー(2007年6月まで)」

  • FF市場の基本変動パターン
  • FF市場カレンダー(2006年9月~2007年6月)
  • 早期返済(Early Return)取引の近況

ウィークリーレポート 2006年9月5日号

「CPIショック後に日銀からメッセージがないのは?」

  1. “CPIショック”後も変わらない日銀景況感
  2. 日銀幹部からメッセージがないのはなぜか?
  3. あたかもリジットなインフレーション・ターゲットのような市場の反応
  4. 今週の記者会見で福井総裁は“やんわり”と市場の動向を牽制するのではないか
  5. “中性子爆弾”のような米変動金利モーゲージとロンドン高級住宅価格再高騰
  6. ヨーロッパ旅行記:ユーロ高、オイル・マネー還流、自由な国境越え
  7. 短期金融市場見通し

ウィークリーレポート 2006年8月15日号

「東京大停電とニューヨーク大停電:日米超過準備比較」

  1. 東京大停電とニューヨーク大停電:日米の超過準備比較
  2. FRBの決済システムリスク政策 7月20日に大規模に転換
  3. 福井総裁記者会見と金融政策のアウトルック
  4. 短期金融市場見通し

ウィークリーレポート 2006年8月8日号

「事実上の積み上、積み下とオーバーナイト金利」

  1. 「事実上の積み上幅、積み下幅」で動向をつかむオーバーナイト金利
  2. 7月のコール市場残高の変化
  3. 日銀金融政策決定会合・FOMC見通し
  4. 短期金融市場見通し

ウィークリーレポート 2006年8月1日号

「日銀・FRBに通じるコミュニケーション議論」

  1. 正常化へ未だ道半ばの短期金融市場
  2. 須田審議委員発言に通じるテーラー教授の主張
  3. ミシュキン教授加入でFOMCのコミュニケーション議論は?
  4. タンス預金が顕著に動き始めた様子は未だ確認できず
  5. 護衛艦「おおなみ」体験乗船記
  6. 短期金融市場見通し

ウィークリーレポート 2006年7月18日号

「スローな利上げペースと"タンス預金"」

  1. スローな利上げペースを強調した日銀金融政策委員会
  2. ロンバート型貸出金利は0.4%:総裁も心情的には0.5%?
  3. 「タンス預金」と国債買入オペの行方
  4. 個人投資家に関する2冊の本:デイトレーダーと長期投資
  5. 短期金融市場見通し

ウィークリーレポート 2006年7月11日号

「利上げ直前のオーバーナイト金利上昇は?」

  1. 日銀の誘導対象金利はなぜレポGCではなく無担保コールなのか?
  2. ゼロ金利解除後のオーバーナイト金利は当面ボラタイル
  3. 利上げ直前のオーバーナイト金利上昇に中央銀行はどう対処しているか
  4. 6月末時点の日銀保有国債と日銀券の開きは19兆円弱
  5. 外貨準備「本邦金融機関への預金」の減少
  6. 短期金融市場見通し

ウィークリーレポート 2006年7月4日号

「ロンバート金利(公定歩合)の行方」

  1. 高まってきた7月ゼロ金利解除の可能性
  2. ロンバート型貸出金利(公定歩合)の行方
  3. 短期金融市場見通し

ウィークリーレポート 2006年6月27日号

「日銀幹部発言の整理」

  1. 福井総裁の個人金融資産公表
  2. 日銀幹部発言の整理
  3. 日銀新ボードメンバー・野田氏の加入の影響は?
  4. 短期金融市場見通し

ウィークリーレポート 2006年6月20日号

「本日の新しい”準備預金残高”の読み方」

  1. 20日の国会報告が福井総裁「1000万円」問題の山場か
  2. 9時20分時点の新しい「準備預金残高」「その他残高」の見方について
    ・本日の日銀当座預金は+4.5兆円だが、増加分の大半は「その他」向け
    ・「積み上」「積み下」による金融調節は未だ復活しないだろう
    ・業態別日銀当座預金残高の推移
    ・福井総裁:「日銀当座預金残高の削減プロセスをほぼ終息した」
  3. 短期金融市場の見通し

臨時レポート 2006年6月15日号

「福井総裁「村上ファンド1000万円問題」の影響」

  1. 国会に総裁の解任権はなく、辞任の可能性は低いが・・・
  2. <ご参考>FRB理事の資産公開の実情(ウォーシュ理事が桁違いのNo.1)
  3. 市場に疑念が生まれぬように対応をとる必要がある

ウィークリーレポート 2006年6月12日号

「マラドーナ理論:“神の手”と“60ヤード5人抜き”に見る金融政策」

  1. 金利のマラドーナ理論:“神の手”と“60ヤード5人抜き”に見る金融政策
  2. 岩田日銀副総裁の講演と金融政策決定会合の見通し
  3. 7月サミットで小泉首相はデフレ脱却宣言を行うか?
  4. 量的緩和策解除後の無担保コール市場の変化
  5. 短期金融市場の見通し

ウィークリーレポート 2006年6月6日号

「金太郎ファンド&村上ファンド」

  1. 1兆ドルで“ジョー・ロス”撃退後、地方自治体改革に向かった“金太郎”
  2. 数値を明示しないインフレ目標?バーナンキFRB議長発言
  3. 村上ファンド問題の余波とゼロ金利解除の行方
  4. 準備預金積み立ての進捗等により日銀当座の“岩盤”位置が低下
  5. 短期金融市場の見通し

ウィークリーレポート 2006年5月30日号

「ロンバート型貸出(公定歩合)の適正金利」

  1. オーバーナイト金利上昇により日銀の金融調節は新たなフェーズへ
  2. ロンバート型貸出の適正金利は?
  3. 6月16日以降の9時20分は、郵政公社分を除いた「準備預金残高」が注目される
  4. 財務省のキャッシュ・マネージメント改革第二弾:2ヶ月物FBの発行増加
  5. 短期金融市場の見通し

ウィークリーレポート 2006年5月23日号

「福井総裁再任の可能性は?&イングランド銀行オペ改革」

  1. 福井日銀総裁の再任の可能性は?
    ・海外中央銀行総裁の任期は
    ・日経新聞インタビューと今後の政策運営見通し など
  2. イングランド銀行のオペレーション改革
    ・金融機関が自分で決める準備預金目標残高
    ・準備預金への付利
    ・最終日だけ“コリドー”が縮小する常設ファシリティ など
  3. 短期金融市場の見通し

ウィークリーレポート 2006年5月16日号

「後退する6月ゼロ金利解除説と要注意日」

  1. 後退する6月ゼロ金利解除説
  2. 順調な日銀当座預金減額の一方で先行きに予想される要注意日
  3. 短期金融市場の見通し

2006年5月12日号

ロイターコラムのお知らせ「6月ゼロ金利解除の信憑性は?」

2006年5月2日号

朝日新聞連載ビジネス書評

  1. 朝日新聞連載ビジネス書評
    • 「新社会人白書」森清・夏目孝吉ほか、社会経済生産性本部生産性労働情報センター
    • 「ヤクザに学ぶ組織論」山平重樹、ちくま新書
    • 「ピーク・オイル」リンダ・マクウェイグ、益岡賢訳、作品社
    • 「独創者列伝」佐藤銀平、NTT出版
    • 「相場ヒーロー伝説」鍋島高明、河出書房新社
    • 「2050年自然エネルギー100%」フォーラム平和・人権・環境、時潮社
    • 「図説:団塊マーケット」日本経済研究センター編、日本経済新聞社
  2. 短期金融市場の見通し

臨時レポート 2006年4月28日号

「物価展望レポートと今後の金融政策」

  1. 市場の利上げ観測を前提にしても2007年度のインフレ率中央値は+0.8%
  2. スウェーデンもインプライド・フォワード・レートで予測
  3. 夏場のゼロ金利解除は予想されるが、中立金利水準への利上げフェーズは未だ先

ウィークリーレポート 2006年4月25日号

「日銀は株をどのように売るのか?」

  1. 20兆円を割り込む可能性がある4月末日銀当座預金
  2. 4月は更に伸び率が鈍化する日銀券、マネタリーベースは-7%か
  3. 3月会合議事要旨で開示された各政策委員の「物価安定の理解」
  4. 4月28日発表の日銀展望レポート予想
  5. 日銀は株をどのように売るのか?
  6. 短期金融市場の見通し

ウィークリーレポート 2006年4月11日号

「"金太郎"は日本国債をアラブマネーで救う?」

  1. 金融政策決定会合見通し
  2. ニューヨーク短期金融市場の最近の金利動向
  3. "サラリーマン金太郎"は日本国債をアラブマネーで救う?
  4. 短期金融市場の見通し

ウィークリーレポート 2006年4月3日号

「4月は講演回数が減る日銀ボードメンバー」

  1. 3月短観とゼロ金利解除の動向
  2. 日銀政策委員のインフレ率予想と4月の講演回数
  3. 中原委員の後任人事:野田忠男氏の就任内定報道
  4. いよいよ本格化してくる日銀当座預金減額
  5. 短期金融市場の見通し

ウィークリーレポート 2006年3月28日号

「オペ最低金利引き上げ?、乗換引受時代と異なる国債買入オペ」

  1. 日銀資金供給オペ最低金利引き上げ報道
  2. 新卒大学生の雇用拡大:会社説明会における学生の変化
  3. 日銀券が減少しても国債買入オペ減額は当面限定的か
  4. 2005年末の日銀当座預金残高の内訳
  5. 短期金融市場の見通し

ウィークリーレポート 2006年3月20日号

「低インフレ下での2ヶ月連続25bp利上げ」

  1. 「中立的な金利水準」議論と福井総裁発言
  2. デフレ脱却宣言の前倒しがゼロ金利解除に与える影響
  3. 低インフレ下で2ヶ月連続25bp利上げを実施したリクスバンク
  4. 短期金融市場の見通し

ウィークリーレポート 2006年3月14日号

「ゼロ金利解除と"中長期的な物価安定の理解"」

  1. 金利引き上げに関しては今は自然体の日銀
  2. 今後の金融調節と日銀当座預金残高の推移
  3. 曖昧さを意図した「中長期的な物価安定の理解」
  4. 3月10日:衆議院財政金融委員会における日銀幹部の答弁
  5. 短期金融市場の見通し

ウィークリーレポート 2006年3月8日号

「量的緩和策解除後の当座預金」

  1. 3月9日の量的緩和策解除と政府の対応
  2. 解除後の金融調節とゼロ金利解除スタンバイの当座預金残高
  3. 「望ましいインフレ率」の数値公表があっても「中長期的な道しるべ」か
  4. 短期金融市場の見通し

ウィークリーレポート 2006年2月28日号

「高まってきた3月9日解除の可能性」

  1. 高まってきた3月9日解除の可能性
  2. 先行きのコミュニケーションを考慮すれば4月11日解除が無難
  3. 3月9日解除の場合、3月中の日銀当座預金減額は緩やかだろう
  4. 量的緩和策解除に関する日銀幹部の国会証言
  5. 福井総裁に本質論を追求した共産党議員
  6. 短期金融市場の見通し

ウィークリーレポート 2006年2月21日号

「インフレターゲットは金利変更タイミングを教えてくれない」

  1. インフレターゲットは金利変更タイミングを教えてくれない
    • ◎スウェーデン・リクスバンク副総裁の苦しい“釈明”
    • ◎“トーク”がなければ市場は政策変更を予想できない
    • ◎インフレ率が目標レンジを上回っても利上げを見送るニュージーランド
    • ◎日銀政策委員会の結論はこれからか
    • ◎世界一“トーク”が多い中央銀行は日銀だが
  2. 量的緩和解除とゼロ金利解除の時期
  3. 短期金融市場の見通し

ウィークリーレポート 2006年2月14日号

「フェデラルファンド市場カレンダー」

  1. フェデラルファンド市場カレンダー(2006年2月~12月)
  2. 量的緩和策解除決定のプロセスに関する市場のイメージ
  3. 短期金融市場の見通し

ウィークリーレポート 2006年2月7日号

「解除宣言後の短期市場」

  1. 解除宣言後の金融調節と短期金利のイメージ
    • 量的緩和策解除時のメッセージ
    • 日銀当座預金をどこまで減らすか?
    • 減額スピードは季節によって異なる
    • 国債買入オペの先行き
    • 短期オペレーション:手形買入オペは減っても高水準
    • オーバーナイト金利のレンジと要注意日、FB3ヶ月物の推移
  2. 短期金融市場の見通し

ウィークリーレポート 2006年1月31日号

「量的緩和策解除は3月9日、4月11日、4月28日?」

  1. ベン・バーナンキ新FRB議長が量的緩和策解除に与える影響は?
  2. 金融政策を巡る材料の整理
  3. 量的緩和策解除のタイミングは3月9日、4月11日、4月28日?
  4. もし3月解除が行われたら?3月中下旬の資金需給予想
  5. 短期金融市場の見通し

ウィークリーレポート 2006年1月17日号

「フェデラルファンド市場最終日のクライマックス」

  1. フェデラルファンド市場最終日のクライマックス
  2. Fed関係者の量的緩和策解除に対する見方
  3. 今週の金融政策決定会合見通し
  4. 量的緩和策解除時の声明について
  5. 来週にかけての短期金融市場の見通し
TOPへ戻る