日銀ウォッチャー 加藤出

BoJ Watcher Kato Izuru

テレビを含め、様々なメディアで活躍中。加藤出チーフエコノミストの最新ニュース。

加藤 出(かとう いずる)
加藤 出 東短リサーチ(株)代表取締役社長チーフエコノミスト。

1988年4月東京短資(株)入社。金融先物、CD、CP、コールなど短期市場のブローカーとエコノミストを兼務後、2013年2月より現職。
マネーマーケットの現場の視点から日銀、FRB、ECB、BOE、中国人民銀行などの金融政策を分析している。

2007~2008年度東京理科大学経営学部非常勤講師。
2009年度中央大学商学部兼任講師。
著書に「日銀は死んだのか?」(日本経済新聞社、2001年)、「東京マネーマーケット」(有斐閣、共著、2002年、2009年、2019年)、「バーナンキのFRB」(ダイヤモンド社、共著、2006年)、「日銀『出口』なし!」(朝日新書、2014年)、「図解とQ&Aですっきりわかるマイナス金利」(監修、宝島社、2016年)など。主な連載コラムに週刊ダイヤモンド「金融市場異論百出」、日本経済新聞電子版「マネー研究所カリスマの直言」、日経ヴェリタス「異見達見」、毎日新聞「経済観測」など。

テレビ東京「モーニング・サテライト」BS・TBS「Bizストリート」BSジャパン「日経プラス10」、NHK総合「視点論点」などにコメンテーターとして出演。

加藤 出 メディア活動

TOPへ戻る