加藤 出レポート

Kato's Report

本レポートは、金融市場のプロフェッショナル向けに、日銀ウォッチング、Fedウォッチング、金融市場分析などを中心に解説したものです。

「ウィークリー」は、日経QUICK及びブルームバーグの専用端末にてご覧になれます(ブルームバーグ端末では「TOKR」で最近のバックナンバーと英語版がダウンロードできます)。

なお、東京短資㈱及び東短グループのお取引先様で本レポートにご興味をお持ちの方は、弊社グループの御社営業担当までご相談下さい。

加藤 出(かとう いずる)
東短リサーチ(株)代表取締役社長チーフエコノミスト。1988年4月東京短資(株)入社。金融先物、CD、CP、コールなど短期市場のブローカーとエコノミストを兼務後、2013年2月より現職。
マネーマーケットの現場の視点から日銀、FRB、ECB、BOE、中国人民銀行などの金融政策を分析している。
2007~2008年度東京理科大学経営学部非常勤講師。
2009年度中央大学商学部兼任講師。

著書に「日銀は死んだのか?」(日本経済新聞社、2001年)、「東京マネーマーケット」(有斐閣、共著、2002年、2009年)、「メジャーリーグとだだちゃ豆で読み解く金融市場」(ダイヤモンド社、2004年)、「バーナンキのFRB」(ダイヤモンド社、共著、2006年)など。また、週刊ダイヤモンド、週刊東洋経済、週刊エコノミスト、日経ヴェリタス、朝日新聞、ニッキンなどに寄稿。

テレビ東京「モーニング・サテライト」、「マネーの羅針盤」、NHK「NEWS WEB」、TBS「ビジネス・クリック」などに出演。

2017年11月17日号

「リバーサル・レート」が示唆するYCC微調整

    1. 今月から超低金利の弊害に言及し始めている黒田総裁
    2. クーレ専務理事が「リバーサル・レート」に言及して5か月後にECBはQE縮小
    3. YCCファインチューニングの場合の説明、タイミング、手法
    4. (余談)B級グルメ探訪:神戸三宮の「ぎょうざのひょうたん」

2017年11月02日号

次期FRB議長が直面する課題と日本への影響

    1. ようやく発表されるFRB議長人事:なぜこれほど政治ショー化したのか?
    2. パウエル氏の人物像、金融政策などに関する最近のスタンス
    3. 次期FRB議長が直面する課題と日本の金融政策への影響
    4. (余談)B級グルメ探訪:シリコンバレーでも激安のコストコ・ホットドッグ

2017年10月30日号

望まれるイールドカーブ調整と「総括的検証Ⅱ」

    1. 「今こそ屋根の修理を」「10年後にどの国がこのチャンスを活かせたかが分かる」
    2. 日銀も先行きの世界経済減速に備えて金融政策の調整を行うべき
    3. 「長期持久戦」に向かない現在のイールドカーブ
    4. (余談)大阪B級グルメ探訪:激安スーパー玉出、黒門市場、たこ焼き「会津屋」 

2017年10月10日号

セイラーのノーベル賞受賞と日銀金融緩和策

    1. セイラーがノーベル経済学賞:若い頃は居場所がなかった異端の経済学者
    2. 「心理学者は経済学者を不道徳と思い、経済学者は心理学者をばかだと思っている」
    3. 不確実な問題に対して「不遜で自信過剰」になるのはまずい、日銀の政策も
    4. (余談)B級グルメ探訪:ストックホルム・ノーベル博物館のカフェ

2017年10月06日号

ギグ・エコノミーと金融政策(2)

    1. ライドシェア運転手の収入は最低賃金と大きく変わらない?
    2. 欧州でもギグ・エコノミーが拡大:イギリスでは雇用増の3分の1を占めるとか
    3. デジタル革命を推進すれば日本の物価は一旦下がり得るが、より重要なことがある
    4. (余談)ロサンゼルスB級グルメ:トーランスの「博多一幸舎」豚骨ラーメン

2017年10月04日号

書評:「かくて行動経済学は生まれり」「グローバル・ニッチトップ企業」

  1. <お知らせ>
    朝日新聞掲載の書評です。
    URLをクリックしてご覧下さい。

    「かくて行動経済学は生まれり」
    [著]マイケル・ルイス、文藝春秋
    http://book.asahi.com/reviews/reviewer/2017100100011.html
    (掲載日:10月1日)


    「地域の力を引き出す企業―グローバル・ニッチトップ企業が示す未来」
    [著]細谷祐二、ちくま新書
    http://book.asahi.com/reviews/reviewer/2017091700008.html
    (掲載日:9月17日)

2017年10月03日号

ギグ・エコノミーと金融政策(1)

    1. 12月に利上げするつもりでも、インフレ低下は「ミステリー」と言うイエレン議長
    2. ギグ・エコノミー:驚異的に安いロサンゼルスでのUberの利用料金
    3. (余談)ロサンゼルスB級グルメ探訪:「伝統」のオリジナル・パントリー・カフェ

2017年09月08日号

超緩和策によるバブル&ホワイトの警告

    1. 低金利環境継続で海外では資産バブルが悩みの種に
    2. 日銀の超緩和策でも日本の不動産ブームは限定的だが、国債は明らかにバブル
    3. インフレ目標重視の危険性を警告するビル・ホワイト
    4. (余談)トランプタワーと土産物屋:ますます「Divided States of America」

2017年08月25日号

書評「分解するイギリス―民主主義モデルの漂流」

  1. <お知らせ>

    朝日新聞掲載の書評です。URLをクリックしてご覧下さい。

    「分解するイギリス―民主主義モデルの漂流」
    [著]近藤康史、ちくま新書
    http://book.asahi.com/reviews/reviewer/2017082000006.html

2017年08月08日号

書評:ベーシックインカム、人手不足、金融e時代

  1. <お知らせ>

    朝日新聞掲載の書評です。
    URLからご覧下さい。

    「隷属なき道―AIとの競争に勝つ ベーシックインカムと一日三時間労働」
    著者:ルトガー・ブレグマン、出版社:文芸春秋
    掲載:2017年7月30日
    http://book.asahi.com/reviews/reviewer/2017073000010.html

    *マーク・ザッカーバーグやイーロン・マスクなど
     ベーシックインカム導入を提唱する経営者が増えている一方で、
     フィンランドでは今年1月からベーシックインカムの実験を開始しています。
     同国の社会保険機関Kelaが、無作為に選んだ25~85歳の2000人に2年間に渡って、
     無条件で毎月560ユーロを支給し続け、労働意欲の変化などをチェックするそうです。
     560ユーロでは生活費には不十分なので、有効な実験となるのか不透明さはあるものの、
     こういう実験なら被験者になってみたいですね(笑)


    「人手不足なのになぜ賃金が上がらないのか」
    編者:玄田有史、出版社:慶応義塾大学出版会
    掲載:2017年7月2日
    http://book.asahi.com/reviews/reviewer/2017070200012.html


    「金融e時代―中国における金融デジタル化の現在と未来」
    著者:万建華、出版社:東洋経済新報社
    掲載:2017年6月18日
    http://book.asahi.com/reviews/reviewer/2017061800008.html

2017年07月28日号

オープンエンド式の日米相違点&正常化策

    1. 黒田異次元緩和でなくとも、現在のインフレ率は実はさほど変わらなかったのでは?
    2. 「オープンエンド式」資産買入れを巡るFRBと日銀の大きな相違点
    3. 日銀のインフレ目標は事実上「中期化」されたが、出口は見えず
    4. (余談)泉岳寺から東に進む細くて暗いトンネル状の道

2017年07月25日号

日銀の外国中銀口座:2階層式マイナス金利に

    1. 外国中銀等の口座を「2階層式」にして、「1階」ゼロ金利、「2階」マイナス金利
    2. 世界の円外貨準備の3分の1が日銀「その他預金」に滞留していた
    3. 「その他預金」に積み上がった資金は市場に出てくるのか? 
    4. (余談)驚きの観客数、都市対抗野球大会

2017年07月19日号

日銀決定会合&依然として遠い2%

    1. 今週の日銀金融政策決定会合アウトルック
    2. 依然として遠いインフレ率2%:CPI分布図と日米品目別インフレ比較
    3. (余談)B級グルメ探訪:タコの街で食べる本場「明石焼き」

2017年07月13日号

FRBウォッチング:議長人事と正常化ポイント

    1. FRBが今後注目するインフレ率は前年比よりも3か月前比年率換算
    2. 「POLITICO」のFRB議長後任人事ニュース
    3. 実はまだ決まっていない正常化過程の2つの重要なポイント
    4. (余談)ここまで来た日本の自動車雑誌に見る高齢化現象

2017年06月23日号

インフレ目標は下げるべき?上げるべき?(2)

    1. 完全には排除できないFRBインフレ目標引上げの可能性
    2. もし目標が4%に引き上げられたら・・・ 
    3. インフレ目標達成を過度に重視する政策は危険
    4. (余談)B級グルメ探訪:大阪通天閣周辺の「ゼロインフレ・ノルム地帯」

2017年06月23日号

インフレ目標下げるべき?上げるべき?(1)

    1. 経済の実情から見れば2%のインフレ目標は今や高過ぎるのでは?
    2. バーナンキは「私は楽観的過ぎた」と懺悔、しかし変わらない日銀インフレ目標
    3. インフレ目標引上げを求める書簡をFRBに今月送った22人の米経済学者
    4. (余談)B級グルメ探訪:“熊本県民のおかず”「ちくわサラダ」

2017年06月13日号

英選挙後のBrexit&10億本のワイン

    1. イギリス総選挙:前途多難なメイ政権、Brexit支持派は実は昨年6月より増加
    2. MiFID Ⅱの規制強化対応にBrexitが重なり、ロンドンの外国金融機関は疲労困憊
    3. (余談)Brexitで関税同盟から離脱したら、10億本のワインの運命は“崖っぷち”

2017年06月02日号

FRB正常化策:キャップ引き上げペースの実際

    1. 「2%目標を下回るインフレに寛容」と見られたくない一派もいるFOMC
    2. FRBバランスシート縮小:キャップを3か月毎に引き上げる自動操縦方式の実際は?
    3. (余談)東京海洋大学での熱狂の「さかなクン・トークショー」

2017年06月01日号

書評「なぜ日本企業は勝てなくなったのか」

  1. <お知らせ>

    朝日新聞掲載の書評です。
    URLからご覧下さい。

    「なぜ日本企業は勝てなくなったのか― 個を活かす「分化」の組織論」
    [著]太田肇、出版社:新潮社
    http://book.asahi.com/reviews/reviewer/2017052800006.html

2017年05月26日号

「やり遂げる」ことが大切と言うけれど・・・

    1. 「安定的に2%を上回る」インフレはいつ見えてくるのだろうか?
    2. 黒田総裁は「やり遂げる」ことが大切と言うけれど・・・
    3. (余談)B級グルメ探訪:スイスのチョコがBrexitでイギリスだけステルス値上げ

2017年05月18日号

書評「財政と民主主義」「金利と経済」

  1. <お知らせ>

    朝日新聞掲載の書評です。
    URLからご覧になって下さい。

    「財政と民主主義―ポピュリズムは債務危機への道か」
    [編著]加藤創太、小林慶一郎、出版社:日本経済新聞出版社
    http://book.asahi.com/reviews/reviewer/2017051400006.html


    「金利と経済-高まるリスクと残された処方箋」
    著者:翁邦雄、出版社:ダイヤモンド社
    http://book.asahi.com/reviews/reviewer/2017043000008.html

2017年04月24日号

米政府閉鎖リスク&日銀展望レポート見通し

    1. 米連邦政府シャットダウンのリスクと影響
    2. 日銀金融政策決定会合と展望レポートの見通し
    3. 政策員会のコアCPI予想は現実に近づけるべきだが・・・
    4. (余談)学食探訪:明治大学17階の「スカイラウンジ暁」

2017年04月19日号

書評「近未来のビジネスは、4つの力に支配されている」

  1. お知らせ

    朝日新聞(4月9日)掲載書評
    「マッキンゼーが予測する未来―近未来のビジネスは、4つの力に支配されている」
    [著]R・ドッブス、J・マニーカ、J・ウーツェル、ダイヤモンド社
    http://book.asahi.com/reviews/reviewer/2017040900013.html

    URLをクリックしてご覧下さい。

2017年04月18日号

中央銀行のガバナンスをどう考えるか?(1)

    1. 日銀のバランスシートと運用利回りを見て絶句するFEDウォッチャー
    2. 今年第4四半期から開始ならFRBバランスシート正常化完了は2021年第2四半期
    3. (余談)「おもてなし重視」の対極にあるユナイテッド航空の顧客対応だが・・・

2017年04月05日号

FRB出口戦略の変遷:もう戻れない中立調節?

    1. 2011年6月の出口戦略:まずは再投資停止⇒FF金利引き上げ⇒証券売却
    2. 緩和継続、テーパータントラム、ON・RRP、収益シミュレーションで大幅軌道修正
    3. 2014年9月の出口戦略:①FF金利引き上げ、②再投資減額、③MBSは原則売却せず
    4. 2016年11月のFOMCで中立調節復帰への意欲の後退が露わに・・・
    5. (余談)出張のお伴に:ポータブル洗濯物乾燥機「ハンディセコ」、干物も作れる

2017年03月31日号

中国出張:北欧と比較したフィンテックの影響

    1. 中国ではモバイル決済アプリがないと今や「決済難民」
    2. 地方でも利用急増、お年玉もスマホ送金、唯一残るは高齢者の攻略
    3. 北欧と中国の比較:フィンテックは結局は金融業界の人員削減を招く?
    4. (余談)上海B級グルメ探訪:NHK「世界入りにくい居酒屋」の家庭料理屋

2017年03月16日号

ヤマト運輸値上げとゼロインフレ・ノルム

    1. ヤマト運輸の値上げとインフレ目標
    2. 公共料金や家賃の値上がりに実は辟易しているアメリカ人
    3. (余談)激安飲食チェーン店が押し進める機械化、IT化

2017年03月08日号

書評「サザビーズで朝食を:競売人が明かす美とお金の物語」

  1. お知らせ

    朝日新聞(3月5日)掲載書評
    「サザビーズで朝食を~競売人が明かす美とお金の物語」
    著者フィリップ・フック、フィルムアート社
    http://book.asahi.com/reviews/reviewer/2017030500006.html

    URLをクリックしてご覧下さい。

2017年03月06日号

FRB:3月利上げ議論の背景とBS縮小時期

  1. FOMCコア・メンバーが3月利上げに傾いた理由は?
  2. FRBバランスシート縮小開始タイミング議論の整理
  3. (余談)トランプ大統領が連発する”Sick!”

2017年03月03日号

米国出張:税制改革、為替政策、規制緩和

  1. トランプ大統領演説と野心的な税制改革の行方
  2. 「マネーサプライ」発言の舞台裏、次期FRB議長、金融規制緩和の動向
  3. (余談)アメリカB級グルメ探訪:IT化「サラダ・レストラン」とロボット課税論議

2017年02月24日号

トランプ米大統領のゴルフの腕前は!?

  1. <お知らせ>

    週刊ダイヤモンド今週号掲載コラム
    「安倍・トランプ『ゴルフ外交』、議論噴出に見る距離感の難しさ」
    http://diamond.jp/articles/-/118560
    URLをクリックしてご覧下さい。

2017年02月20日号

“魔法のつえ”に頼るよりも

  1. お知らせです。

    毎日新聞2月18日掲載「経済観測」です。
    URLをクリックしてご覧下さい。
    http://mainichi.jp/articles/20170218/ddm/008/070/054000c

2017年02月10日号

日銀10年金利誘導目標の行方

  1. 「強力な金融緩和を粘り強く推進していく」と強調した中曽副総裁講演
  2. 10年金利誘導目標引上げに必要な条件は?
  3. トランプ米大統領の「マネーサプライ」発言
  4. (余談)トランプのポピュリズム(2):壁を造って請求書を送った実績が既にあった

2017年02月07日号

FRB出口政策の変遷と日銀への影響(2)

  1. 出口政策議論の公開は納税者に対する責務では?:FRBと対照的な日銀
  2. 日銀と納税者の関係を、医者と患者の関係に例えると・・・
  3. (余談)B級グルメ探訪:赤羽のおでん屋「丸健水産」

2017年01月26日号

書評「シェアリングエコノミー」「欧州複合危機」

  1. 書評(朝日新聞)のお知らせです。
    よろしければURLをクリックしてご覧下さい。

    「シェアリングエコノミー」
    著者:アルン・スンドララジャン
    出版社:日経BP社
    http://book.asahi.com/reviews/reviewer/2017012200007.html
    (掲載日2017年1月22日)

2017年01月25日号

FRB出口政策の変遷と日銀への影響(1)

  1. まだ全く手つかずのFRBバランスシート正常化
  2. FRBの再投資縮小は日銀のYCCに影響を及ぼす可能性もある
  3. 中立調節に戻るとしても、金融危機前の水準まで保有証券を減らす必要はない
  4. (余談)トランプのポピュリズム(1):「5倍返し」の復讐哲学、「ピノキオ格付け」

2017年01月16日号

不確実性指数、ECB買入れ額縮小、米閣僚ビジネス経験と成長率

  1. 不確実性インデックス上昇、でもECBは「追い風」の内に資産買入れ額縮小
  2. トランプは「USA」ではなくて「DSA」の大統領?
  3. 米政権幹部のビジネス経験年数と経済成長の関係
  4. (余談)B級グルメ探訪:池袋の塩ソバ専門店「桑ばら」
TOPへ戻る